親権|大阪の弁護士による離婚不倫専門サイト

電話番号電話番号
メールでお問い合わせメールでお問い合わせ
トップ当事務所の強み弁護士費用事務所のご案内スタッフ紹介アクセスお客様の声解決事例お問い合わせ
離婚・不倫慰謝料は大阪の弁護士へ離婚・不倫でお悩みなら大阪の離婚専門弁護士へ
トップ当事務所の強み弁護士費用解決事例
事務所のご案内スタッフ紹介アクセスお客様の声

親権

親権とは、父母が未成年の子を監督保護し、子の財産の管理を行う、親の権利・義務をいいます。
婚姻中は父母が共同して行うことになっています。
しかし、離婚となれば、父母のどちらかを親権者として定めなければなりません(離婚と親権はセットです。)。
この時、親権の争いが生じます。

親権の判断は、さまざまな事情を総合的に考慮して判断されます。
これまでの子育ての実績、収入、生活環境、子との結びつきの強さ、親の親族が子育てを手伝ってくれる
環境があるかどうか、面会交流の際に親権を得られなかった親に子を会わせる意思があるかなどの両親の事情、
子がどちらの親に親権を持ってほしいか、兄弟姉妹の親権を分けないようにする、子の年齢、子の環境の変化
(転校しなければならないなど)の子の事情などが考えられます。
これらのうち、母性優性の原則(母親が優先される)、兄弟不分離の原則(兄弟姉妹の親権をばらばらに
しない)、子の意思、現状維持の原則(現在の状況とあまり変わらないようにする)の4つが大きく影響する
といわれております。

よく、「妻は専業主婦なので、収入のある私(夫)と生活する方が子どもは幸せだ」と主張する方がいますが、
このような場合は、養育費を支払ってもらうことでお金の問題は解決するため、あまり効果的な主張には
なりません。 結局は、子にとって父母のどちらと生活していくことが幸せか子のためになるかという観点から
の判断がなされています。

親権が一度決まると、その後やっぱり親権を取得したいとなっても親権者変更の手続きは簡単ではありません。
子の親権の判断については上記のとおり様々な事情を総合考慮しますので、調停や裁判においては、
漏れなく的確に親権者として適格性があることを主張していくことが大切になります。
親権で少しでも有利に進めたい方は弁護士にご相談ください。

離婚離婚
親権親権
婚姻費用婚姻費用
養育費養育費
財産分与財産分与
離婚原因ごとの慰謝料離婚原因ごとの慰謝料
夫の不倫夫の不倫
妻の不倫妻の不倫
DV・モラハラDV・モラハラ
性格の不一致性格の不一致
借金・浪費借金・浪費
経済的DV経済的DV
セックスレスセックスレス
職業ごとの慰謝料職業ごとの慰謝料
サラリーマンサラリーマン
自営業者自営業者
社長社長
公務員公務員
医師・看護師医師・看護師
専業主婦専業主婦
水商売水商売
芸能人・有名人芸能人・有名人
離婚・不倫の駆け込み寺離婚・不倫の駆け込み寺

大阪市浪速区難波の弁護士|植田総合法律事務所大阪市浪速区難波の弁護士|植田総合法律事務所
離婚・不倫慰謝料は大阪の弁護士にご相談下さい
電話番号
お問い合わせ