夫の不倫・浮気の慰謝料|大阪の弁護士

電話番号電話番号
メールでお問い合わせメールでお問い合わせ
トップ当事務所の強み弁護士費用事務所のご案内スタッフ紹介アクセスお客様の声解決事例お問い合わせ
離婚・不倫慰謝料は大阪の弁護士へ離婚・不倫でお悩みなら大阪の離婚専門弁護士へ
トップ当事務所の強み弁護士費用解決事例
事務所のご案内スタッフ紹介アクセスお客様の声

夫の不倫

慰謝料の相場

慰謝料は、不倫をした夫とその不倫相手から支払われるお金です。
不倫が原因で離婚した場合、別居を開始した場合、離婚も別居もしていない場合のいずれの場合でも
請求できますが、慰謝料の金額はそれぞれ異なります。
裁判の判決で慰謝料が決まる場合の相場として、離婚をしない場合は、数十万円~100万円、
不倫が原因で別居や離婚に至った場合は100万円~300万円が相場です。

慰謝料は、婚姻期間、収入、夫婦間の子どもの有無・人数、不倫相手との間の子(妊娠・中絶)の有無、
不倫期間、不倫発覚後の行為、反省の有無等様々な要素によって判断がなされますので、
個別具体的な判断が必要となります。
また、解決方法が裁判で判決まで至る場合、裁判で和解となる場合、示談交渉で解決した場合によっても、
それぞれで慰謝料相場が変動することがあります。
さらに、証拠の内容、組み合わせ、主張内容によっても金額が変動します。
より有利に慰謝料請求するには、経験豊富な弁護士への相談をおすすめします。

慰謝料増額の要素

慰謝料減額の要素

当事務所での解決事例

婚姻期間約10年、2人の子がいる夫が
単身赴任中に出会い系サイトで知り合った女性と不倫に及んだ事例

依頼者が夫と不倫相手(女性)に対して合計800万円を請求しました。
依頼者である妻が精神的に不安定となったこと、夫とセックスレスであったにもかかわらず
不倫相手との性的関係はあったこと、夫に複数の女性との交際があったこと、
パチンコでの浪費癖があったことを考慮し、財産分与等も含め、500万円の支払いを受けて和解しました。
また、不倫相手からも一定の賠償金を受け取る和解をして解決に至りました。

依頼者が双子の子の育児のために実家に戻っていたところ、
同居していた家で夫が不倫していることが発覚し、離婚した事例

依頼者が夫と不倫相手(女性)に対して、合計330万円を請求しました。
当初、夫は慰謝料請求を無視、不倫相手は不倫関係を否定してきたために裁判に移行しました。
しかし、裁判の第1回目が始まる前に、夫と不倫相手で不倫を認め、三者間で和解が成立し、
200万円の慰謝料を受け取ることができ、解決に至りました。

離婚離婚
親権親権
婚姻費用婚姻費用
養育費養育費
財産分与財産分与
離婚原因ごとの慰謝料離婚原因ごとの慰謝料
夫の不倫夫の不倫
妻の不倫妻の不倫
DV・モラハラDV・モラハラ
性格の不一致性格の不一致
借金・浪費借金・浪費
経済的DV経済的DV
セックスレスセックスレス
職業ごとの慰謝料職業ごとの慰謝料
サラリーマンサラリーマン
自営業者自営業者
社長社長
公務員公務員
医師・看護師医師・看護師
専業主婦専業主婦
水商売水商売
芸能人・有名人芸能人・有名人
大阪市浪速区難波の弁護士|植田総合法律事務所大阪市浪速区難波の弁護士|植田総合法律事務所
離婚・不倫慰謝料は大阪の弁護士にご相談下さい
電話番号
お問い合わせ